ここから本文です

「Atari Mini Arcade」と「Atari Pong Mini Arcade」が海外向けに発表。ゲーム黎明期の名作がそれぞれ5タイトル収録、可愛らしいミニチュアで復刻

4/18(木) 10:18配信

電ファミニコゲーマー

 Blaze Entertainmentは、Attariから正式にライセンスを受けたミニチュア筺体「Atari Mini Arcade」と「Atari Pong Mini Arcade」を海外向けに発表した。往年のAtariの名作がそれぞれ5タイトル収録され、実際に遊ぶことができる。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 発売日は9月26日。価格は24.99ポンド/29.99ユーロ(約3600円から3800円)。まずはヨーロッパ向けに展開し、Amazon.co.ukでは予約を開始しているが、残念ながら日本への発送は対応していない。

 両筺体とも2.8インチのカラースクリーン、3.5mmヘッドフォンジャック、スピーカーを備えている。電源は4つの単三電池、もしくはmicro-USBケーブルを使用する。

  「Atari Mini Arcade」には、黒い筺体のデザインが特徴。取り外しができるジョイスティックと十字キーを搭載されている。黄色い筺体が可愛らしい「Atari Pong Mini Arcade」には、パドルコントローラー(円形のツマミがあるコントローラーのこと)が搭載されており、『Pong』をオリジナルに近い形で楽しむことができる。さらにふたりプレイが可能で、『Pong』では対戦ができてしまう。

 Atrariがアーケードで展開していたゲームのほかに、Atari 2600で発売していたゲームも収録されているのも特徴だ。収録タイトルは以下の通り。

■Atari Mini Arcade
『Centipede』
『Adventure』
『Sprint Master』
『Warlords』
『Yars’ Revenge』

■Atari Pong Mini Arcade
『Pong』
『Breakout』
『Circus Atari』
『Off The Wall』
『Super Breakout』

 残念ながら日本においては、輸入雑貨店などを頼らず、個人で入手するには少々難易度が高いが、Atariのゲームをリアルタイムで経験していなくても、可愛らしい筺体はインテリアとしても欲しいところ。もちろんゲーム黎明期の作品に触れれるチャンスでもある。今後、日本での正式リリース、もしくは日本の各種ストアでも取り扱いに期待したいところだ。

ライター/福山幸司

電ファミニコゲーマー:福山幸司

最終更新:4/18(木) 12:50
電ファミニコゲーマー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事