ここから本文です

東京六大学オールスター戦 富山市民球場で8月24日

4/18(木) 18:02配信

北日本新聞

 「東京六大学野球オールスターゲーム2019in富山」が8月24日、富山市民球場で開催されることが決まった。主催する東京六大学野球連盟の上野義孝事務局次長が18日、県民会館で記者会見し、概要を説明した。

 東京六大学野球は慶応、明治、法政、東京、立教、早稲田の6校によるリーグ戦。大学野球では最も長い90年以上の歴史があり、神宮球場を舞台に毎年春と秋にリーグ戦が繰り広げられている。各大学の応援も魅力の一つとなっている。

 オールスターゲームは東京六大学の知名度アップを目的に10年に始まり、今回で8回目。かつて法政大で投手として活躍した全日本野球協会の山中正竹会長が、県野球協議会のアドバイザーを務めている縁で富山開催が実現した。

 試合は、6月まで行われる春季リーグ戦の1、4、5位と2、3、6位に分かれて対戦。各チーム25人で、春季リーグ戦終了後に同連盟が選手を選抜する。

 同連盟によると、県関係選手は東京の柳川貴宏投手(2年、富山中部高出)をはじめ5選手が在籍。選手の選抜に当たっては地元枠があり、地元選手を優先し選ぶという。

 各大学の応援団から5人ずつが訪れ、富山市北部中、同市新庄中の吹奏楽部と共に迫力ある応援を披露する。

 8月25日には県内の中高生を対象にした野球教室も開き、地域交流活動を行う。

 上野事務局次長は「六大学野球の雰囲気を肌で感じてもらい、子どもたちに憧れを持ってほしい」と話した。

 チケットの発売は6月中旬を予定している。県野球協議会と北日本新聞社でつくる実行委員会共催。


■19日から2チームの名前を公募
 実行委は、オールスターゲームで対戦する2チームのチーム名を19日から一般公募する。5月10日午後5時まで。

 富山開催にふさわしく、富山をPRするような名前を募集。応募した名前が採用された人には景品をプレゼントする。複数応募もできる。

 応募ははがき、ファクス、ウェブサイトで可能。郵便番号、住所、氏名、1塁側と3塁側のチーム名、名前への思いを記入する。

 はがきの場合は10日必着で、宛先は郵便番号930-8650、北日本新聞社営業局「東京六大学野球オールスターゲームチーム名募集」係。ファクスは076(445)3338。ウェブサイトのアドレスは http://www.kp-kikaku.jp

 問い合わせは実行委事務局、電話076(445)3336。

北日本新聞社

最終更新:4/18(木) 18:02
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事