ここから本文です

「虚偽公表だ」自民が批判 屋良氏の経歴に不正確な記述 衆院沖縄3区補選

4/18(木) 8:45配信

沖縄タイムス

 衆院3区補欠選挙に立候補している無所属で「オール沖縄」勢力が支援するフリージャーナリスト屋良朝博氏(56)が公表している「ハワイ大学東西センター客員研究員」の経歴に、不正確な記述があることが17日、分かった。東西センターは大学敷地内にあるものの、それぞれ別の機関で、屋良氏の選対事務所は本紙に「厳密な意味で正確に表記するなら『ハワイ大学内東西センター』と記載すべきかと思う」と回答した。

【対決! 衆院沖縄3区補選】候補者の横顔と主張の比較

 ハワイ大は州立大。東西センターは1960年に米国議会が設立した独立研究機関で、米政府予算などで運営されている。

 自民党県連は「ハワイ大には東西センターという組織は存在しない。経歴そのものが間違っており虚偽の経歴を選挙で広報したのは公職選挙法235条1項の虚偽事項の公表罪に当たる」とする声明を発表した。

 屋良氏選対は経歴に記述した理由を「一般的な呼称として『ハワイ大学東西センター』という表記で知られているため」と説明。その上で「今後、プロフィルを表記、説明する際は誤解を招かないようより正確な表記と説明を尽くしていきたい」としている。

 屋良氏は12日、選挙公報などにハワイ大学東西センター「客員研究員」とするところを「客員教授」と誤記したと発表し、謝罪した。これを受け自民県連は公選法違反だとして沖縄署へ告発状を提出した。17日時点で受理はしていない。

最終更新:4/18(木) 8:55
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事