ここから本文です

青森沖のF35A引き揚げか 深海作業支援船が停泊 那覇軍港

4/18(木) 11:00配信

沖縄タイムス

 那覇市の那覇軍港に、深海作業支援船「ファン・ゴッホ」=写真=が停泊しているのが17日までに確認された。バハマ船籍の民間船で米軍がチャーターしているとみられる。

【写真発見】空襲を受けた日本海軍の機雷敷設艦「常磐」

 在日米軍を監視する市民団体リムピースの頼和太郎編集長によると、「ファン・ゴッホ」は3千メートルの海底から物をつり上げるクレーンを装備している。

 頼編集長は4月に発生した航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故に言及し、「F35Aの引き揚げのために寄港しているのではないか」との見方を示した。

 沖縄防衛局は17日本紙の取材に「(船の停泊の)詳細については現在米側に確認中だ」とコメントした。

最終更新:4/18(木) 12:10
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事