ここから本文です

ボッタス、同時ピットイン戦略に納得も「別の戦略を採っていれば、ルイスの前に出られたはずだった」

4/18(木) 7:30配信

オートスポーツweb

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、先週末の第3戦中国GPで2台同時にピットストップを行ったことについて、「後から考えてみれば確かに正しいタイミングでのピットストップではあったものの、大きなロスを伴うのではないかという懸念を生むものであった」と認めた。

【写真】中国GPで2位に入賞したバルテリ・ボッタス

 決勝レースの36周目、メルセデスはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に対するギャップを保つため、また彼らにアンダーカットをさせないために、ルイス・ハミルトンとボッタスを同時にピットインさせて2度目のタイヤ交換を行った。

 ここでチームは、ハミルトンとボッタスのポジションを変えないようにするために、2台同時にピットストップを行うことを選択した。この決断についてボッタスは、リスクを伴う提案であったと感じていたという。

「僕はとても不安だった」とボッタスは話した。

「(ハミルトンの)後ろにいるので、タイムを失うことになる。だけどそれは、2番手になってしまったスタートのせいだった」

「だからチームに、ピットストップを遅らせることはできないか、あるいは2度目のタイヤ交換をせずに走ることはできないかと聞いたんだ。でもそれが可能だったとしても、そうでなくても、タイヤのことを考えるとあまりにもリスクが大きかった」

 またボッタスは、もし別の戦略を採っていれば、ハミルトンに対してアドバンテージを築くことができていたかもしれないと考えている。

「チームに質問をしたのは、もしルイスの後ろでピットストップを行うのではなく、別のことをしていれば、それがレースに勝つための唯一のチャンスになるだろうと思ったからだ」

「ピットストップがうまくいってよかった。いくらかタイムをロスしたけれど、最小のロスで済んだ。これに関してはチームが良い仕事をしてくれた」

「手短にすべてのデータを見たけれど、チームの視点で考えれば、ワン・ツーフィニッシュができると確信するためには、間違いなくこれをするのが正しかったのだと思う」

「僕としてはリスクを負いたかったけれど、今になってすべてを見てみると、タイヤの磨耗は十分に進行していた」

 最終的に、メルセデスは2台同時のピットストップを完璧に行い、ボッタスのロスはハミルトンに対して0.5秒だった。チーム代表のトト・ウォルフは、このピットストップについて次のように説明した。

「もしセバスチャンがピットストップを行っていたら、彼はバルテリをアンダーカットしていただろう。だからバルテリが1回のピットストップでレースを走りきることが、合理的な選択肢だった。しかしもしバルテリがピットストップを行えば、彼はそこでルイスをアンダーカットすることができていただろう」

「だから我々はポジションに干渉したくなかったので、2台同時のピットストップを決断したのだ」

「彼らをピットに入れて、バルテリがタイムをロスすることはないと約束できるだけのギャップがあることもわかっていた。そしてこれをやり遂げたスタッフたちは、本当に素晴らしかった」

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/18(木) 17:31
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事