ここから本文です

ハッキネン、F1中国GPでのフェラーリのチームオーダーを批判。「勝つことだけに集中すべきだ」

4/18(木) 14:39配信

オートスポーツweb

 2度のF1世界チャンピオンであるミカ・ハッキネンは、フェラーリが2019年シーズンにメルセデスを倒したいと強く願うのなら、“策を弄する”のはやめて勝つことに焦点を絞るべきだと考えている。

F2時代のルクレールとハッキネン

『Unibet』のウェブサイトに定期的に寄せているレース後の解説記事のなかで、ハッキネンは先週末の中国GPについて考察し、フェラーリが上海でチームオーダーに頼ったのは間違いだったと主張した。

「シャルル・ルクレールはチームメイトのセバスチャン・ベッテルよりも優れたレーススタートを切っており、彼をそのままの調子で走行させ、可能ならボッタスと戦わせるべきだった」とハッキネンは語った。

「代わりに彼はベッテルを先に行かせるために減速するように指示されたが、これは間違いだったように見える」

「メルセデスのような、倒すには手ごわいチームがいる場合、策を弄しても無駄だ。フェラーリはチーム自体に重点を置くのをやめて、競争相手に勝つことに集中し始める必要がある」

 中国GP後にルクレールは、なぜチームメイトに順位を譲るオーダーをチームが出したのかを理解するようにすると明言した。ハッキネンは、ルクレールがこの指示に疑念を持っても無理はないと語っている。

「メルセデスを倒すための戦いにおいては、レースに勝つのがルクレールだろうがベッテルだろうが、誰も気にするべきではない」とハッキネンは付け加えた。

「ルクレールは憤慨して当然だ。その後の戦略によって彼は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの後ろの5位にまで落ちてしまったのだから」

「ベッテルとルクレールには、毎週末にメルセデスにとって最強の競争相手となるポテンシャルがある。だがフェラーリはドライバーにサポートと柔軟性、そして戦うために集中できる環境を与える必要がある」

「チームオーダーのことは忘れて、チームが勝つことに集中すべきだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/18(木) 14:39
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事