ここから本文です

ロス・ブラウン、F1中国GPでファステストラップポイントの効果を実感

4/18(木) 17:36配信

オートスポーツweb

 F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、2019年シーズンから導入されたファステストラップへのボーナスポイント制度が、チームとドライバーを良い方向にけん引していると述べている。

F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウン

 レース終盤の見せ場を盛り上げるため、F1とFIAは、レースをトップ10以内でフィニッシュしたドライバーのなかで、ファステストラップを記録した者に追加のチャンピオンシップポイントを付与することを決定した。

 中国GPではレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーがレース終盤でピットに入り、、新しいソフトタイヤ一式を履いて走行し、ファステストラップによるボーナスポイントを獲得した。

 ブラウンにとってこの展開は、新規則が肯定的な影響を及ぼしていることの新たな証明となった。

「今シーズン、ファステストレースラップを記録したドライバーに1ポイントを付与するという、FIAと協力して導入した新たな工夫が効果をもたらし始めているのを目にして、特に嬉しく思っている」とブラウンはレース後の報告会で述べた。

「トップ10圏内のドライバーが獲得する追加ポイントには魅力がある。その原動力となっているのは、特に順位がほぼ決定したと思われるレースの最終段階に、多少刺激を与えたいという願いだ。中国ではまさにそのように機能した」

 ブラウンは、レース終盤の周回において、チームとドライバーの間で繰り広げられていた駆け引きとアクションに、現場で夢中になったことを認めた。

「チェッカー2周前の周回のタイミングスクリーンを見るのは、素晴らしいものだった。ガスリーが3つのセクターすべてで自己最速タイムを出すところが表示され、最終的にセバスチャン・ベッテルからファステストラップを奪ったのだ」とブラウンは付け加えた。

「ガスリーがピットストップをする前、他のドライバーたちがピットウォールにいるチームと、レース終盤の選択肢について話し合っているのを耳にすることもできた。極端なリスクを冒す者はいなかったがね」

「これはファンを喜ばせるために考案されたルールであり、今日はそれが実際に機能するところを見届けられたのだと私は考えている」

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/18(木) 17:36
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事