ここから本文です

ホンダが次戦のF1アゼルバイジャンGPで、パワーユニットのアップデートを前倒しで投入か

4/18(木) 20:37配信

オートスポーツweb

 ホンダがパワーユニット(PU/エンジン)開発計画を前倒しするようだ。本来なら第6戦モナコGPに予定されていたスペック2投入を、来週の第4戦アゼルバイジャンGPに行う可能性が出てきた。

F1中国GPで4位に入賞したマックス・フェルスタッペン

 開幕してまだ3戦しか終了していないが、ホンダは次戦での2基目のPU投入をほぼ決めたと言われる。噂ではこの改良版で、約20馬力のパワーアップが期待できるという。

 レッドブル・ホンダはメルセデスとフェラーリに少しでも早く追い付くことを、今季の目標としてきた。しかしレッドブルの2019型マシンRB15は期待したほどの戦闘力を発揮できておらず、ここまで開幕戦の3位表彰台、第2、第3戦での4位入賞と、まだ一度も勝てていない。

 そのためレッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは、「車体の改良が最優先事項だ」としつつも、「ホンダのさらなるパワーアップ、それも1戦でも早い投入が望まれる」と中国GP後にコメントしていた。

 レッドブルとしては、改良版パワーユニットの前倒し投入によって、年間3基の使用制限を超えてしまったとしても、何よりも性能向上を優先させたいというスタンスだ。もしアゼルバイジャンでスペック2が投入されたとして、それがレッドブルだけの措置なのか、あるいは中国でパワーユニットを交換したばかりのトロロッソにも行われるのかは、今のところ不明だ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/18(木) 20:37
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事