ここから本文です

DTM:F1ワールドチャンピオンの孫、ピエトロ・フィッティパルディがアウディのシート獲得

4/18(木) 20:39配信

オートスポーツweb

 ドイツ・ラウジッツリンクで開催されているDTMドイツ・ツーリングカー選手権の合同テストに参加していたピエトロ・フィッティパルディが、アウディのカスタマーチームであるWRTのシートを獲得した。

【写真】フィッティパルディがドライブするアウディRS5 DTM

 2度のF1ワールドチャンピオンであるエマーソン・フィッティパルディを祖父に持つピエトロは、今季ハースF1でテストドライバーを務める22歳。2018年は全日本スーパーフォーミュラ選手権の第1戦鈴鹿に参戦したほか、WEC世界耐久選手権やインディカーに参戦。WECでは第1戦スパで両足を骨折する大クラッシュに見舞われた。

 そのフィッティパルディは、15~18日の日程で行われているDTMの公式テストにWRTから参加し、アウディRS5 DTMを初ドライブしている。

 アウディのカスタマーチームであるWRTは、3月末にベルギーのファクトリーで2019年のモータースポーツ活動計画を開催。この場では2台投入する車両のうち1台をジョナサン・アバディンがドライブすることをアナウンスしたものの、残る1台については発表していなかった。

 ラウジッツリンクでのテスト中にシリーズへの参戦が確定したフィッティパルディは「DTMのようなエキサイティングなシリーズに起用してくれたアウディスポーツとチームWRTには心から感謝したい」とコメントしている。

「DTMは世界でも指折りのハイレベルなバトルが繰り広げられるシリーズだし、これ以上のチャレンジは存在しないと思う。ラウジッツリンクでのテストは順調で、今回こなしたかったメニューはすべてクリアすることができたよ」

「ラウジッツリンクを走るのも、アウディRS5 DTMを走らせるのも、これが初めてだったし、僕が今までドライブしてきたどんなマシンとも違うキャラクターだった。マシンに慣れて、限界を知るためにも有効なテストになった」

「これから開幕までにやるべきことや学ぶべきことばかりだけど、僕に用意されたパッケージやプロジェクトには心から興奮しているよ」

 2019年のDTMは5月3~5日にホッケンハイムリンクで開幕戦を迎える。

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/18(木) 22:10
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事