ここから本文です

小道具で似せようと…ルパン愛感じた一幕/こんな人

4/18(木) 0:44配信

日刊スポーツ

<こんな人>

アニメ化もされた国民的人気漫画「ルパン三世」の原作者で、漫画家のモンキー・パンチさん(本名・加藤一彦=かとう・かずひこ)が11日午後7時26分、肺炎のため千葉県内の病院で亡くなった。17日、公式サイトが発表した。81歳だった。葬儀は、故人の遺志で近親者のみで執り行った。後日、しのぶ会を予定しているという。

【写真】「ルパン三世」原作者モンキー・パンチさん

   ◇   ◇   ◇

98年12月、インタビュー取材でモンキー・パンチさんの事務所を訪れた。

ルパン三世の姿で撮影しようと、赤いジャケット、黄色いネクタイ、黒いズボン、おもちゃのピストルを持参した。漫画界の大御所に恐る恐る衣装と小道具を見せると「おっ、よく準備したね」と快く着用。ピストルを構えるポーズも「こんな感じ? 」と面白がってくれた。自身が生み出したキャラクターに似せようと、一生懸命な姿が目に焼き付いている。ルパンへの愛を感じた。【写真部・井上学】

最終更新:4/19(金) 19:05
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事