ここから本文です

西予・道の駅どんぶり館に「ジオ・キッチン」

4/18(木) 8:00配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛県西予市宇和町稲生の道の駅「どんぶり館」で14日、新施設「ジオ・キッチン」の落成式があった。名称は市内全域が認定されている「四国西予ジオパーク」にちなんでおり、団体客向けレストランやイベントスペースとして観光振興や地場産品PRに活用される。
 どんぶり館にはレストランがあるが、昼食時間帯は一般客で混雑し、団体客を受け入れられない状態だった。市が国の地方創生拠点整備交付金を活用し約1億9000万円で整備した。
 新施設は市内産のスギやヒノキを使った木造2階建て延べ床面積428平方メートル。2階のレストランには調理設備と72席を設け、1階は企画展示やイベント会場、会議室として利用する。
 落成式では、管家一夫市長が「西予の宝を発信し、素晴らしさを感じていただく場になってほしい」とあいさつ。市や指定管理者など関係者がテープカットした。
 市内産のニワトリや旬の野菜などを使った料理がバイキング形式で提供され、観光客らも味わった。家族と来た大洲市白滝の女児(5)は「唐揚げがおいしい」と笑顔だった。

愛媛新聞社

最終更新:4/18(木) 9:40
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事