ここから本文です

G大阪痛恨…トップスピードから転倒の藤春、左鎖骨骨折で全治10週間と診断

4/18(木) 16:48配信

ゲキサカ

 ガンバ大阪は18日、DF藤春広輝が左鎖骨骨折で全治約10週間と診断されたことを発表した。

 14日に行われたJ1第7節浦和戦で負傷。前半44分、左サイドを抜け出した藤春はトップスピードに乗って駆け上がったところで浦和DF森脇良太のスライディングタックルを受けると、前方に倒れて体を打ち付け、負傷交代となっていた。

 藤春はここまでリーグ戦全7試合に先発出場。主力左サイドバックの離脱は大きな痛手となる。

最終更新:4/18(木) 16:53
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事