ここから本文です

神戸「重大発表」の裏で…ポドルスキが“一番の味方”と大阪を訪問

4/18(木) 18:24配信

ゲキサカ

 ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが18日、自身のツイッター(@Podolski10)を更新し、息子と大阪を訪問したことを報告した。

 ポドルスキはツイッターで「君のそばにいることほど大切なものはない。僕たちは1つのチームであり、いつも後ろから君を支えている!」と投稿。大阪の御堂筋で息子と肩を組んだ後ろ姿を撮影した写真を掲載し、ハッシュタグで「#Japan #Osaka #FatherAndSon」としている。

 クラブは17日、フアン・マヌエル・リージョ前監督の契約解除と吉田孝行氏の指揮官復帰を発表。ポドルスキも同日にツイッター上で、キャプテン退任を明かしていた。

 また、クラブは18日、ポドルスキの大阪訪問のツイートから約30分後に「楽天とFCバルセロナからの重大発表」とクラブ公式ツイッター(@visselkobe)で告知し、その後の会見で『Rakuten Cup』の開催を発表。7月23日に埼玉スタジアムでバルセロナ(スペイン)対チェルシー(イングランド)、同27日にノエビアスタジアム神戸でバルセロナ対神戸の試合が開催されることが決まった。

 クラブがさまざまな動きを見せる中、ポドルスキは家族と時間を過ごし、次なる戦いに備えて英気を養っていたようだ。

最終更新:4/20(土) 11:25
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事