ここから本文です

インテル株が19年ぶり高値、スマホ向け5Gモデム事業撤退を好感

4/18(木) 9:20配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 17日の米株式市場でインテルの株価は2000年のドットコムブーム以来の高値に上昇。スマートフォン向け次世代通信規格「5G」モデム事業からの撤退を決めたことが好感された。

インテル株は一時5.1%上昇し、3.3%高の58.56ドルで終了した。

今回の動きはアップルとクアルコムが全ての特許訴訟取り下げで合意したことを受けたもので、カウエンのアナリスト、マシュー・ラムゼー氏は、インテルが現在「安堵(あんど)のため息をついている」と指摘した。

ウォール街のアナリストの主なコメントは次の通り(抜粋)。

カウエンのラムゼー氏

「インテルはアップルに対応する必要がなくなるため、経費削減の取り組みが加速する可能性があり、5月8日のアナリストデーでスマホ向け5Gモデム事業撤退に伴うインテルのコスト削減に関する最新情報が明らかになるとわれわれは期待している」

マッコーリーのスリニ・パッジュリ氏

「ポジティブな面」としては、スマホ向け5Gモデム事業からの撤退がマージンにプラスに働き、中核のパソコン・サーバー事業に経営陣が一層集中できるはずだ

原題:Intel Rises to 19-Year High as Analysts Praise 5G Mobile Exit(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Kamaron Leach

最終更新:4/18(木) 9:20
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事