ここから本文です

米1-3月GDP成長率、見通し上方修正相次ぐ

4/18(木) 14:56配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米国の1-3月(第1四半期)の国内総生産(GDP)の伸び率について、エコノミストが見通しを引き上げている。17日に発表された2月の貿易赤字が市場予想に反して前月から縮小したことで、成長率が前期を下回る可能性が後退した。

JPモルガン・チェースのエコノミストらは、貿易統計を受けて1-3月成長率予想を従来の前期比年率2%から約2.5%へと上方修正。ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストらは1.7%から2.1%に見通しを引き上げ、純輸出がGDPにプラスの寄与になるとの見方を示した。アトランタ連銀の経済予測モデルGDPナウでは 2.4%成長が見込まれている。米商務省は26日に1-3月GDP速報値を発表する。昨年10-12月(第4四半期)は前期比年率2.2%増だった。

2月の米貿易赤字は494億ドルと、市場予想に反して前月の511億ドルから縮小し、8カ月ぶりの低水準となった。輸出が1.1%増加した一方、 輸入は0.2%の増加にとどまった。

INGグループのチーフ国際エコノミスト、ジェームズ・ナイトリー氏は「2月の貿易統計により2.5%成長が達成可能なようだ」とリポートに記した。ジム・オサリバン氏らハイ・フリークエンシー・エコノミクス(HFE)のエコノミストらは、この貿易統計は1-3月のGDP成長率を最大1ポイント押し上げ得るとリポートで指摘した。

ブルームバーグ・ニュースが5-10日に行った調査では、1-3月GDP成長率予想は1.6%だった(前月調査時点は1.5%)。

原題:First-Quarter U.S. GDP Looks Stronger After Trade Gap Narrows(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Reade Pickert

最終更新:4/18(木) 14:56
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事