ここから本文です

<緊急取調室>第2話視聴率は13.4%で好調続く 松井珠理奈が新進棋士役でゲスト出演 

4/19(金) 10:15配信

まんたんウェブ

 女優の天海祐希さんの主演ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2話が18日に放送され、平均視聴率は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。初回の15.2%には及ばなかったものの高視聴率をキープしている。アイドルグループ「SKE48」の松井珠理奈さんがゲスト出演した。松井さんは、昨年6月に行われた「第10回AKB48世界選抜総選挙」後、体調不良で休養。同年9月に復帰後、ドラマに出演するのは初めてだった。

【写真特集】“新メンバー”塚地武雅、天海祐希の印象は? いきなりアドリブで…

 「緊急取調室」は、可視化設備の整った特別取調室で容疑者を取り調べる専門チーム“キントリ”のメンバーたちが、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。井上由美子さんによるオリジナル脚本で、第1シーズンは2014年1月期、第2シーズンは17年4月期に放送され、15年9月にスペシャルドラマも放送された。第3シーズンでは被疑者にもかかわらず、さまざまな立場の“油断ならぬ女たち”がキントリチームを翻弄(ほんろう)する中、決死の覚悟で事件の裏にある真実を暴いていく。

 第2話は、とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていた。20歳の新進棋士・橘日名子(松井さん)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひるさん)が対戦。日名子は、女性初のプロ候補として期待される逸材であり、ここで勝てば、あずさがかつて打ち立てた記録をしのぐ22連勝も達成することになる。そのため、この対局は世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていた。しかし、対局中、とんでもない事件が起こり……という展開だった。

最終更新:4/19(金) 20:52
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事