ここから本文です

OYOとソフトバンクの合弁会社「OYO Hotels Japan」が日本でホテル事業

4/19(金) 9:00配信

MONEYzine

 インドを拠点とするホテルチェーンOYO Hotels & Homesは、ソフトバンク、ソフトバンク・ビジョン・ファンドと合弁会社であるOYO Hotels Japan合同会社(以下、OYO Hotels Japan)を設立し、日本でホテル事業を開始する。

 今回発表された日本でのホテル事業において、合弁会社の経営はOYOの創業メンバーで、OYOのグローバル事業を数多く立ち上げたPrasun Choudhary氏が主導。利用者向けには、快適な宿泊施設を手軽な価格で利用できるようにし、ホテル経営者向けには、ダイナミックプライシングや予約システムなど、適正な価格設定や人で不足の解消などに貢献できるシステムを提供する。

 OYOはホテル運営会社として培ったノウハウを生かし、ヤフーとの資本提携によって合弁会社OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社を設立。3月上旬から、すべての部屋が家具家電付き、敷金・礼金・仲介手数料0円で提供する「OYO LIFE」をスタートしている。

最終更新:4/19(金) 9:00
MONEYzine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事