ここから本文です

片寄涼太&橋本環奈で「午前0時、キスしに来てよ」実写映画化!

4/19(金) 4:00配信

シネマトゥデイ

 みきもと凜の人気コミック「午前0時、キスしに来てよ」が、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈のダブル主演で実写映画化されることが明らかになった。

原作の綾瀬楓&花澤日奈々【写真】

 “格差恋”をテーマにした本作は、王子様との恋を夢見る優等生・花澤日奈々の通う高校に国民的スターの綾瀬楓が映画の撮影で訪れたことから、一般人と芸能人である二人の隠れた恋が始まるシンデレラストーリー。原作者が「0キスは実写化をするのが難しいと思っていたため度々お断りしていました」という本作に挑む主演の片寄と橋本は、これが初共演となる。

 映画『PRINCE OF LEGEND』やドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」など話題作への出演が続く片寄が演じるのは、日奈々の実直さに次第に惹かれていくスターの楓。一方、橋本ふんする日奈々は、エキストラとして撮影に参加したところ、楓が女子高生のお尻ばかりを眺めているところを目撃し、驚きながらも彼の飾らない素顔と優しさに恋心を抱くという役どころ。『銀魂』シリーズなどでの振り切った演技に定評がある橋本だが、本作では等身大のラブストーリーに挑む。

 さらに、楓に宣戦布告する日奈々の幼馴染・浜辺彰役にはネクストブレイク必至と注目を浴びる眞栄田郷敦が抜てきされた。メガホンを取ったのは『ひるなかの流星』『四月は君の嘘』の新城毅彦監督。ドラマ「グッド・ドクター」「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の大北はるかが脚本を手掛ける。

 撮影は4月中旬にクランクイン、5月にクランクアップで都内近郊にて行われる予定。12月に全国公開される。(編集部・吉田唯)

<キャスト・監督・原作者コメント全文>

■片寄涼太/綾瀬楓役
 スターと女子高生の恋という設定がとても面白くて、描かれている芸能界の描写がすごくリアルだなと感じました。そして、自分が国民的スターを演じさせて頂くということに僕自身が一番驚いてます。いつかそんな存在になれるよう目指している最中だからこそ、いま現在の“片寄涼太”としての、日々のどんな瞬間も役づくりにつながると感じています。
 楓はカッコよくもあり可愛さもあり、大人っぽくもありまた幼さもあるという1番ズルいタイプの男性です(笑)。正直不安もありますが、楽しみながら最大限に表現できたらと思います。
 橋本環奈さんとは初共演となります。楓が日奈々のことにたくさん興味を持って惹かれていくように、自分も橋本さんのいろんな面に興味を向けて、意気投合しながら演じていけたらなと思っています。
 今まで恋愛をテーマにした作品に関わらせて頂く機会が多かったのですが、そのどの役とも違う魅力を楓として表現することが目標です。新城監督のもと俳優としても、大きく成長できる作品にしたいと思います。

1/3ページ

最終更新:4/19(金) 4:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事