ここから本文です

小田孔明が新アイアン&1Wで好発進「タイガーにはなれないけど…」【初日コメント集】

4/19(金) 8:56配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<東建ホームメイトカップ 初日◇18日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重県)◇7081ヤード・パー71>

ジャンボ尾崎 いざ出陣!【大会ライブフォト】

男子ツアー国内開幕戦の「東建ホームメイトカップ」は、初日を終え、2009、10年と大会連覇を果たしている小田孔明が、首位と2打差の4位タイと好発進を決めた。「東建でこうやって会見に呼ばれるのは10年ぶりくらいですかね」と、気持ちよくシーズンのスタートを切った。

今年のオフは例年よりもラウンド数を増やし、50ラウンドをプレーするなど強化。クラブもカーボンシャフトのアイアンに変更し、ドライバーは世界ランク2位のジャスティン・ローズ(米国)と同モデル、本間ゴルフの『TW747』ドライバーを投入。「40歳を過ぎてカーボンを使ってみようと思って。難しいクラブを使うよりも、軽めの簡単なクラブでいい球が出るようになればと。ドライバーも合っているので、去年より飛んでいるし景色が変わる」と年齢に合わせたクラブ選びが奏功した。

先週の海外男子メジャー「マスターズ」では、同じ40代のタイガー・ウッズ(米国)が優勝を果たしたが、「タイガーにはなれないけど、(フランチェスコ)モリナリくらいのゴルフはしたいなと思う(笑)。あのアイアンショットとパターがあれば」と口も滑らか。6月には41歳を迎える今年、10年ぶりの開幕戦制覇に向けて走り出す。

以下、注目選手のコメント集。

■貞方章男(8アンダー・首位タイ)
「(オフは)新しいドライバーやヘッドに合うシャフトなど、クラブを色々試しました。まだ明日もありますし、あと3日間あるので、これを維持できたらいいですよね。シード獲得という目標もある。明日は風が吹きそうだけど、午前スタートで影響がなければ嬉しいですね。1打でも2打でもスコアを伸ばせることが週末の1打に大きく関わってくると思っています」

■デイビッド・オー(8アンダー・首位タイ)
「いいスコアで回れたのですごくうれしい。昨年8月に第一子が生まれたので、今年のオフはベビーシッターをしていました(笑)。子どもが生まれてからはオンとオフの切り替えができるようになり、ゴルフの時に今まで以上に集中できるようになった」

■池田勇太(6アンダー・4位タイ)
「前半はバーディチャンスが多くて、いいパットが決めることができたのがこのスコアに結びついた。後半はなかなかチャンスにつかなかったこともありますし、上がり3ホールも風が吹いてきてアウトコースは難しかった。まだ少し調整が必要。そうはいってもこのスコアで回れているので、そこまでではないですが。1つのミスがダブルボギーになったりするので、週末に向けて調整をしたいと思っています」

■星野陸也(6アンダー・4位タイ)
「調子がよかったですね。今日は風もなかったので、去年と比べると楽かなと思いました。今年は何勝もして、賞金王も目指したい。でも、まずは1勝を目指して目の前の試合を頑張りたい。前半戦の成績によってZOZOチャンピオンシップも決まってくると思うので。飛ばし屋が有利なコースだと思うので、いいチャンスを生かしていきたいと思います」

■今平周吾(2アンダー・35位タイ)
「ショットは悪くなかったが、パッティングがいまいちでした。今の課題は飛距離を伸ばすことなので、それをしっかりやりながら回りました。明日はどんどんスコアを伸ばしていって、決勝では楽しい位置で回れたらと思っています」

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:4/19(金) 9:57
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事