ここから本文です

大きく路線変更した「Xperia 1」のカメラ その中身を解説

4/19(金) 6:00配信

ITmedia Mobile

 Xperia 1の体験会が開催されたのは既報の通りだが、そこでカメラ機能に特化した説明会も開催されたのである。

Xperia 1カメラの新機能

 「そこで出てきた新事実!」という派手な話はないけれども、従来のXperiaのカメラから大きく路線変更されたのがよく分かったので、その辺の話を中心にお伝えしたい。

トリプルカメラに進化、1200万画素の理由は?

 カメラが3つ並んだトリプルカメラの構成自体は今や珍しくないのだけど、まず目に付いたのが画素数。Xperia 1の3つのカメラは全てが1200万画素なのである。

 最近のスマートフォンでは珍しくも何ともないけど、今までXperiaといえば高画素が代名詞みたいなところがあったから、ちょっと意外だ。

 2013年に登場した「Xperia Z1」は2000万画素(ちなみに同じ年に出たiPhone 5sはまだ800万画素だった)といち早く高画素のセンサーを搭載。2015年の「Xperia Z5」では2300万画素にまで画素数を増加。2017年の「Xperia XZ1」で1900万画素に落ちたものの、ずっと高画素カメラの雄、みたいな存在だったのである。

 それが今回はトリプルレンズカメラの全てが1200万画素。

 ソニーモバイルの担当者に「画素数が思い切り減ったんですが?」と尋ねてみると、でも「メインカメラはデュアルPD(フォトダイオード)センサーだから、実際には2400万なんですよ」だという。

 イメージセンサーは、光を検知するフォトダイオードを無数に(といっても1200万個とか2000万個とか)びっしり並べたもの。

 デュアルPDは1つの画素にフォトダイオードを2つ割り当てた構造で、既に、キヤノンがデジタル一眼で「デュアルピクセルCMOS」を、サムスンも「デュアルピクセルセンサー」を搭載したイメージセンサーを採用しているので目新しくはないが、2つのうち片方をAF時のセンサーとして使うのだ。

 それにより、AFはより高速になる。

1/3ページ

最終更新:4/19(金) 6:00
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事