ここから本文です

渡辺大知、徳永えり、吉村界人が松本穂香主演「わたしは光をにぎっている」に参加

4/19(金) 8:00配信

映画ナタリー

松本穂香が主演を務める「わたしは光をにぎっている」の追加キャストが発表された。

長野・野尻湖のほとりに建つ民宿を祖母と2人で切り盛りしていた女性・宮川澪を主人公とする本作。祖母の入院を機に民宿を閉めざるを得なくなり、父の親友・三沢京介が経営する都内の銭湯で仕事をする澪を松本が演じた。「四月の永い夢」の中川龍太郎が監督を務める。

【写真】「わたしは光をにぎっている」(メディアギャラリー他1件)

このたび明らかになった出演者は渡辺大知、徳永えり、吉村界人、光石研、樫山文枝の5名。渡辺と徳永は銭湯の常連客である緒方銀次と島村美琴にそれぞれ扮する。吉村は美琴の彼氏・新井稔仁役で出演。光石は京介役、樫山は澪の祖母・宮川久仁子役を務めた。

渡辺は「ぼくの役は映画監督志望の、ナイーブなくせに少々圧の強い男ですが、その出会いの一片として澪ちゃんにとって素敵なものであったらいいなと思ってやりました」と撮影を振り返る。徳永は「日常の何気ないことが、人との関わり合いが、誰かの踏み出す小さな一歩に繋がるのだと改めて感じ、その儚く繊細で柔らかな空気感を大切に、撮影に臨もうと思いました」、吉村は「超エンターテイメントムービーではないですが、不器用な人間を描いている素晴らしい作品になっていると思います」とコメントした。

「わたしは光をにぎっている」は2019年に全国でロードショー。

■ 渡辺大知 コメント
新しくひとに出会ったとき、なにをしてもらったわけじゃなくても、大層な言葉を交わしたわけじゃなくても、すごく大切なものをもらえた気になる時ってあると思います。この映画はそういう時間の連続で出来ていて、主人公の澪ちゃんがほんの少しずつ成長していく姿をとても繊細に描いている作品だと思います。ぼくの役は映画監督志望の、ナイーブなくせに少々圧の強い男ですが、その出会いの一片として澪ちゃんにとって素敵なものであったらいいなと思ってやりました。松本穂香さん演じる澪ちゃんは訥々と喋っていても希望に満ちていてとても魅力的です。ぜひ劇場で澪と一緒に新しい生活のドキドキを味わってください!

■ 徳永えり コメント
脚本を読ませて頂いた時に、日常の何気ないことが、人との関わり合いが、誰かの踏み出す小さな一歩に繋がるのだと改めて感じ、その儚く繊細で柔らかな空気感を大切に、撮影に臨もうと思いました。私が演じた島村美琴は、内気で無口な澪とは正反対の言いたい事をきちんと口に出して伝える芯の強い女性。撮影時も、のびのびと自由に演じさせていただきとても楽しかったです。この作品が、観てくださる皆様の心にそっと寄り添えますように。

■ 吉村界人 コメント
今作は、こういうことが言いたいんだ!とかではなくディランのような映画だと、感じました。
言葉に表すのは難しく風情をまとって進んでいきながら、言いたいことは風の中にある、という印象でした。そして僕は短い撮影日数だったので偉そうなことなんて言えないのですが、現場は全員笑いながら淡々と進んでいました。その渦中で龍太郎くんがどしっと立って全員を仕切っていて本当にすごいなと感じまして、あまり褒めたくはないけど、それは龍太郎くんが現場にいるすべての方に愛を持ってそこに存在しているからなんだと思いました。超エンターテイメントムービーではないですが、不器用な人間を描いている素晴らしい作品になっていると思います。そんな方に是非見て欲しいです。

■ 光石研 コメント
6~7年前、「僕、ビッグな監督になります!」と台本を携え、出演交渉してくれた中川監督。そして今回、また呼んで頂いた現場では、スタッフの数も予算も数倍に。台本もビジョンをしっかり持った揺るぎない世界観。
そして何より、明確な判断、的確な指示を出す本当にビッグになった中川監督が居ました! 今後益々、大きくなる中川龍太郎監督の新作映画を、どうぞ見届けて下さい!

■ 樫山文枝 コメント
夜明けの野尻湖の風景は幻想的で美しく、映像詩人である中川龍太郎監督の世界観にぴったりの風景に身を置けて幸せでした。監督やスタッフの皆さんのあまりの若さに驚きながら、どんな世界を作ってくれるんだろうとわくわくし、学生時代に戻ったような気分になることができました。
若者が未来の映画を作っていくんだという姿にとても感動したのを覚えています。



(c)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

最終更新:4/19(金) 8:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事