ここから本文です

白鵬“親方”逸ノ城にアドバイス「下を育てていきたい」指導者の資質アピール

4/19(金) 8:30配信

デイリースポーツ

 引退後に親方になるためモンゴル国籍離脱を申請し日本国籍取得の手続きを開始したことが分かった横綱白鵬(34)=宮城野=が18日、東京・足立区の春巡業に参加し、四股、すり足など基礎運動で汗を流した。朝稽古では幕内逸ノ城(26)=湊=に助言を送った。

【写真】奉納土俵入りを披露する白鵬…タイガー・ウッズから刺激?

 「下を育てていきたい。それを意識して。(右腕の負傷で自身の)稽古はできないから。自分ができることを伝えられたら。1日、1人と決めてアドバイスしている」。指導者としての資質を十分にアピールした。

 先場所千秋楽での優勝インタビューの際、三本締めを行った問題では来週にも臨時理事会が開かれ懲戒処分を受ける見通し。土俵外の騒動には「何も話すことはないよ」としたが、国籍変更、処分と大横綱の話題独占は続く。

最終更新:4/19(金) 8:58
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事