ここから本文です

百田尚樹氏 ハングルだらけの日本の車両案内に不快感「吐き気がする」

4/19(金) 16:23配信

東スポWeb

 構成作家の百田尚樹氏(63)が19日、ツイッターを更新し、日本の電車内や駅で表示されるハングルについて言及した。

 電車の電光掲示板は日本語に加え、一定の時間ごとに英語やハングル、中国語に切り替わる車両もある。

 英語ならまだしも、ハングルや中国語だけが表示されると、日本人にとってはとたんに理解しにくい状況となる。

 百田氏のフォロワーも同様の経験をし、車内でハングルだけが表示された画像を投稿。「おい! 次の駅何だか判らないじゃないか」とコメントした。

 すると、百田氏は「吐き気がする」と露骨な不快感を表明。

「そもそも、都内の電車に乗っている乗客に、韓国人旅行者が何パーセントいるんだ! 電鉄会社には、そのデータがあるのか? 私の感覚で申し訳ないが、1%に全然満たない気がする。そんなために駅の電光掲示板表示の時間が30%も取られるのはたまらない。これは目の不自由な人のために設備などとは違う」と活用の仕方が間違っていると指摘した。

 国際化が進み、インバウンドが増加しているとはいえ、過剰なサービスだという。

 例えばシンガポールの電車では4か国語同時表記が基本。しかし、いずれも公用語で、日本とは大きな違いがある。

最終更新:4/19(金) 16:45
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事