ここから本文です

プレミアムなモバイルPCを使って実感したこと

4/19(金) 12:00配信

ITmedia PC USER

ベンチマークテストの結果も良好

 評価機の構成で行ったベンチマークテストスコアは、下記の通りだ。

 この処理能力を発揮しつつ、バッテリー駆動時間は長い。ここではBBenchによるベンチマーク測定値ではなく、実作業における肌感覚を紹介するが、出先での作業を1日当たり約4時間行っても無充電で2日間余裕でこなしているので、屋外作業が続いても、1日は十分持つと思われる。2日に渡る出張などではACアダプタを用意するといいかもしれない。

 今回評価した構成で、直販価格は税込み15万8544円だ。これは、競合するプラチナモバイルノートPCとほぼ同等の価格帯で、パーツ構成もほぼ共通する。ただし、Surface Laptop 2のディスプレイ仕様がより解像度もppiも高いことを考えると、性能対価格比は良好といえるだろう。

 しかし、それよりも何よりも「地味ながら、実はずいぶんと使い勝手のよろしいプレミアムモバイルPC」として、作業効率を優先するユーザーならSurface Proじゃなくてこちらを選んだ方がいいんじゃない? と言ってしまうほどに心を入れ替えてしまうほどの使い勝手こそ、広く知れ渡ってほしいのであった。

 Surface Laptop 2に、もっと光を!

 次回は、Surface Pro 6と便利な“アレ”の組み合わせを紹介する予定だ。

ITmedia PC USER

4/4ページ

最終更新:4/19(金) 15:50
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事