ここから本文です

小園にも根尾にも負けない 広島ドラ4・中神がデビュー戦でキラリ

4/19(金) 11:00配信

デイリースポーツ

 広島ドラフト4位・中神拓都内野手(18)=市岐阜商高=が上々のデビューを飾った。3月26日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)に「9番遊撃」で先発出場。家族が見守る中、“プロ初安打”を記録した。高校時代は投手兼遊撃手の二刀流だったが、プロでは野手一本で勝負。同期のドラフト1位小園、林らと切磋琢磨して、レベルアップを図っていく。

【写真】広島・中神がボールにしたためた座右の銘は!?

 ナゴヤ球場のスタンドで見守った家族の前で、最高のスタートを切った。3月26日のウエスタン・中日戦。プロ初スタメンに抜てきされた中神。三回に右前打をマークすると、四回にも右中間へ二塁打を放った。

 「あの日は父親の誕生日だったんです。祖母も見に来てくれていたので良かったです」

 恩返しの一打に中神はニッコリ。1月の入寮日には祖母から受け取った手紙を持参し、「その場で読んだら泣いてしまう」と後日、一人で読んだ。幼少期から両親は共働き。祖母にも食事など面倒を見てもらっていただけに思い出に残るデビュー戦となった。

 敵軍ベンチにはライバルの姿があった。中日のドラフト1位根尾は同じ岐阜県出身。高校時代に対戦した経験もあり、久々に旧交を温めた。「あまり意識はしなかったけど、負けたくはない」。チームメートのドラフト1位小園、同3位林、同7位羽月も同じ高卒の内野手だ。チーム内の競争は激しく「負けてはいけない。勝っていかないといけない」とプロ向きの負けん気の強さをのぞかせた。

 水本2軍監督は「いい選手だよ。元気があってね。力が付いていけば使う」と高く評価する。遊撃には小園がおり、中神は遊撃に加えて三塁に挑戦。「打球が速くて難しいバウンドもある。足を使えるようにやっていきたい」とやる気満々だ。

 高校通算46発のパンチ力も魅力だ。ファームは12試合に出場し、打率・200。アーチこそ出ていないが、二塁打は2本。(成績は4月17日現在)「まずは積極的にいくこと。甘い真っすぐに対応できるようにしたい」と力を込める。

 「高校時代は大会に合わせたら良かったけど、プロは毎日試合がある。その日は良くても次の日はダメとか。継続力が大事。まずはこのシーズンをケガなくやり通したいです」

 ウエスタン・リーグ開幕から約1カ月。プロの世界の厳しさも痛感しているが、体重はウエートトレーの成果で入寮時86キロから89キロまでアップした。目標はヤクルト山田。トリプルスリーを目指し、無我夢中でルーキーイヤーを駆け抜ける。(デイリースポーツ・杉原史恭)

最終更新:4/19(金) 11:20
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事