ここから本文です

「荒野にて」主演俳優をクロエ・セヴィニーとアンドリュー・ヘイが称賛

4/19(金) 13:00配信

映画ナタリー

全国で上映中の「荒野にて」より、キャストのクロエ・セヴィニーと監督のアンドリュー・ヘイが、主人公チャーリー役のチャーリー・プラマーについて語るインタビュー映像がYouTubeで公開された。

【動画】「荒野にて」クロエ・セヴィニー&アンドリュー・ヘイ インタビュー映像(メディアギャラリー他11件)

本作は、母に捨てられ父を亡くした15歳の少年チャーリーが、殺処分が告げられた競走馬リーン・オン・ピートを連れて自分の居場所を探し旅するロードムービー。チャーリーの孤独や心の痛みを体現したプラマーは、第74回ヴェネツィア国際映画祭にて新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した。

チャーリーに「馬を愛しちゃダメ。競走馬は勝たなきゃクビよ」と忠告する騎手ボニーを演じたセヴィニーは、プラマーと同じく東海岸出身であるためか「共通の背景がある感じがする」と話す。また「彼はとても繊細で、単なるやんちゃな子役とは大違い。のんびりしててクールな子だわ」と、プラマーが同世代の役者とは異なる雰囲気を持っていることを伝えた。

ヘイはチャーリー役のオーディションでプラマーに出会った際、「彼だ! 彼がチャーリーだ!」とひと目で確信したことを告白。「正しい“チャーリー”を見つけられなければ映画は機能しない」と考えていたというヘイは「安心して役を任せられる誰かに出会えるのは素晴らしいことなんだ」と、映画撮影時は17歳であったプラマーへの信頼をうかがわせた。



(c)The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2017

最終更新:4/19(金) 13:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事