ここから本文です

【マイラーズC】ケイアイノーテック平田調教師が競馬界の女神の直撃に「今回はめっちゃ動いている」

4/19(金) 21:09配信

東スポWeb

【マイラーズC(日曜=21日、京都芝外1600メートル=1着馬に6・2安田記念優先出走権)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。今週は春のマイル王を目指す馬たちの戦い、マイラーズCです。頭数は少ないですが、メンバーは豪華っ。京都への開催替わりでもありますし、みんなで気合を入れていきやしょーっ!(空回ってる感が半端ない件)

 ということで、まずは昨春のマイル王モズアスコットについて宮内助手にお話をうかがいましたっ。香港マイル(7着)から帰ってきてからの様子はいかがですか?

「馬に結構なダメージがあったので放牧先で十分リラックスさせました。疲れが取れてからはカイバ食いが良過ぎるくらいで、だいぶ体に余裕がでましたね。なので先週は負荷をかけてしっかりやろうと。悪い馬場の中、しっかりした時計を出してくれました」

 あの雨の中、坂路で(4ハロン)52・0―12・1秒…すごいですねぇっ! ちなみにフランケル産駒ということで、気性のことを聞かれることも多いと思いますが…。

「去年まではうまくコントロールしてくれていたんですが、帰ってきてからはフランケルの血が騒ぐのか、スイッチが入りやすくなったような…。なので今週はテンションを上げすぎないように、坂井騎手がサラッと乗ってくれました」

 なるほど。そのあたりも気にしながら調整されているんですね。

「京都は得意にしてますし、開幕週の速い馬場にも対応できる。特に心配な点はないですね。メンバーは揃っていますが、本番へ向けて恥ずかしくない競馬ができると思います」

 帰国初戦でどんな競馬を見せてくれるのか、楽しみやなぁっ。

 稲富的に気になる馬がもう一頭。昨春の3歳マイル王ケイアイノーテックです。前走の根岸S(10着)は初めてのダート。出走の経緯を教えてください、平田先生っ。

「母のケイアイガーベラがダートを走っていたし、この馬もダートちっくな乗り味。どこかで試してみたいとずっと思っていたんです。ただ、いきなりフェブラリーSに挑戦するよりは、GIIIで距離も少し短めの1400メートルのほうが適性があるかないか、分かるかなと思って使いました」

 なるほどぉ! 先生はどう見られました?

「調子が良くて、あの結果だったので、素直に受け止めないと。で、また芝に戻したわけです。幸い反動はまったくなくて、具合の良さは継続できています。前は調教であまりよく見せなかった馬が、今回はめっちゃ動いているんですよ」

 な、な、なぬぅーっ! ワクワクしかないやないですかっ! ちなみに初コンビとなるシュタルケ騎手とはコンタクトを取られていますか?

「3週続けてまたがってくれて。最初は馬なりで感触を確かめてもらい、次には“先週より全然いい!”と言ってもらって。もちろん、今週も笑顔やったで(笑い)。順調にきたし具合もいいし。あとはこの状態でこのメンバーとどこまでやれるかだけ」

 シュタルケ騎手だけでなく、平田先生の笑顔がすべてを物語っている…かもしれまへんな!?

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はABC「おはよう朝日です」、サンテレビ「アサスマ探検隊」、ひらかたパークのCMなどに出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。

最終更新:4/19(金) 22:22
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事