ここから本文です

【マイラーズC】インディチャンプ ダノンプレミアムがいても「勝ちにいく」

4/19(金) 21:34配信

東スポWeb

【マイラーズC(日曜=21日、京都芝外1600メートル=1着馬に6・2安田記念優先出走権)栗東トレセン発秘話】安田記念の前哨戦・GIIマイラーズCの最大の焦点は「復活なったダノンプレミアムVS3連勝中の上がり馬インディチャンプ」。後者を管理する音無調教師と懇意にしている大スポ本紙・松浪大樹記者が、トレーナーの発言の変遷から、その勝負度合いに迫る。

 結果的にはフルゲート割れとなったが、一時は京都記念を勝ったばかりのダンビュライトさえ除外対象になってしまう――。そんな噂があったほど、今年の大阪杯は出走ボーダーラインが高くなると予想されていた。

「あの馬が使えばダンビュライトは除外か? 次走はまだ発表されていないのか?」と報道陣に逆取材する音無調教師の姿を間近で何度見たことか。「本当にヤバイんだろうか」と普段はあまり気にしないGIの出馬想定ラインを気にしていたものだ。結局は収まるところに収まり、ダンビュライトも無事に出走。大阪杯の結果はともかくとして、この件に関してはメデタシメデタシとなったわけだが…。

 そんな音無調教師が当時、名指しで動向を気にしていたのがダノンプレミアム。大阪杯をスキップし、こともあろうに?マイラーズCへと矛先を向けてきた。そこには東京新聞杯を快勝し、2つ目の重賞制覇に気勢を上げる、音無厩舎のインディチャンプがエントリーしているのが何とも間が悪いというか…。

「香港(チャンピオンズマイル)にも登録はしたけど、まずはマイラーズCで賞金を加算させたい。しっかりと地固めをしてから、安田記念でダノンプレミアムと勝負したいね」と語っていたトレーナーのプランニングを根底から覆すローテーションだ。すっかり意気消沈しているかと思っていたのだが…。

「ダノンプレミアムが相手でも、マイラーズCはきっちりと勝ちにいく。それくらいの気持ちでないとダメ」

 意外なほどにポジティブな発言が飛び出した背景には、先週の某スポーツ紙の「ビューティージェネレーションが安田記念参戦を視野」という報道の影響があるのではないかと勝手に思っている。もしかしたら、マイルでは世界で一番強いかもしれない馬と戦わなくてはならないのに、ダノンプレミアム相手のGIIでビビってなんていられない――。こんなところだろうか。

「抜け出すとフワッとする癖は知ってるだろ? もちろん、(福永)ユーイチだってわかっているはずなんだけど、それでも前走の東京新聞杯は早く抜け出し過ぎてしまった。一瞬の脚の速さがユーイチの予想を超えていたから起きたことだと思うんだよね。目標とする相手が強ければ強いほど、インディチャンプにとっては好都合なんじゃないか。ダノンプレミアムのように絶対に止まらない馬と走るのは初めてだし、ここでどんな競馬ができるのか、楽しみにしている」

 そんなトレーナーの熱い気持ちが乗り移ったのか、先週も今週もインディチャンプの追い切りの動きは文句なし。打倒ダノンプレミアムをアッサリと果たしてしまうだけでなく、香港の大スターまで一気に倒してしまうのでは? そのためにも、まずは能力全開が期待される、このマイラーズCで“国内のライバル”を打ち負かしたいところなのである。

最終更新:4/19(金) 21:34
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事