ここから本文です

【全文】歌手フィソン、エイミの通話録取公開・暴露被害の心境を告白

4/19(金) 20:26配信

WoW!Korea

韓国歌手フィソン(37)が、タレントのエイミ(36)から過去にプロポフォール使用共犯および性的暴行計画の芸能人として名指しされたことに対する心境を明らかにした。

フィソンのプロフィールと写真

 フィソンは19日、でエイミとの通話録音ファイルをYouTubeチャンネルで公開し、SNSに長文にわたる心境を綴った。

 先日、エイミはSNSで過去にプロポフォールとゾルピデムを使用した際にソウルメイトの男性芸能人Aさんと一緒だったとし、知人からAさんが暴露を防ぐために性的暴行および動画の違法撮影まで計画していたことを聞いたと暴露。その後、フィソンが男性芸能人Aさんではないかと名前が挙がり、所属事務所を通じて「事実無根だ」と否定した。しかし波紋が広がり、K.Willとのコラボコンサートの開催を中止するという被害を受けた。


 以下、フィソンの文章全文。


フィソンです。

4月17日夜、エイミさんから連絡が来て、通話音声の公開はエイミさんとの合意の上に行われたことをお伝えいたします。

しかし公開を決心するまで本当にずいぶんと悩みました。エイミさんも被害者になる可能性があるという思いは、初めから今まで変わりないので、公開することについて何度もためらいました。しかし私を取り巻く疑惑の解消及び事実関係に対するファンの皆さんの客観的な認知のためには録音を公開することが避けられないと判断しました。

エイミさんは私にメディアを通じて公式に謝罪するという意志を明確にしました。しかし私は事実関係に関する確認もなく、感情だけ先走った内容で謝罪文が作られ、騒動になることを恐れました。だから先にエイミさんにSNSの虚偽内容の掲示物を下ろしてほしいと言い、本人をインタビューした記者の方々に事実を伝えてほしいと言いました。

エイミさんはこれを受け入れ、さらに私は性急な行動を抑えてほしいと頼みました。

この録音から現在争点になっている内容に関係がない部分は、やむを得ず編集しました。

すでにほとんど全てを失ったと感じています。それでも今後のエイミさんの謝罪は当事者の自由だと思っています。ただ謝罪をするなら、心のこもった内容であってほしいと願うだけです。

1.対応が遅れるしかなかった理由
エイミさんが実名を挙げておらず、心身が弱く見える事情がある状況に私が下手に出ることはできませんでした。事実にもとづいた立場は、すでに事件発生当時に作成が終わった状態で、反論の証拠資料も提出準備ができていました。

2.法的対応に対する点
これまで歌手フィソンだけで売り上げを期待している小規模法人の企業として、致命的な打撃でないはずがなく、すでに法的効力を発生できる虚偽内容の流布および人身攻撃をしたマスコミと悪質な書き込み作成者に対する告訴状が作成されています。
この部分についてだけは、総力を注いで強い処罰になるようにすることをお伝えいたします。

3.コラボコンサート開催中止
我々側の要請で中止になったことではないことをはっきりと申し上げます。全て法的措置が終わり、整理されていることを再び争点化したのは私ではないですが、現在の状況で公演企画会社側が十分に契約を解除できる状況だったので、契約解除条項に従って解除通告をされました。現在、このことが一番残念で、莫大な財政的打撃につながりました。

4.逃してはならない本質
この事件に登場する主要人物全てが被害者であるかもしれません。この事件がマスコミを通じて火が付いたように広がった時、誰かには実質的被害が及ぶ可能性があります。状況を理解することよりは、感情に偏った視線ではなく中立的な立場で完全な事実だけを見ていただけることを切に願います。

現在の状況が速やかに終わることを望みながら、私を応援してきてくださったファンの方々にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

最終更新:4/19(金) 20:26
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事