ここから本文です

文大統領 ウズベク議会で演説=朝鮮半島平和へ意欲

4/19(金) 21:15配信

聯合ニュース

【タシケント聯合ニュース】ウズベキスタンを国賓訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領は19日(現地時間)、同国議会で演説し、「朝鮮半島の恒久的な平和はわれわれの共同繁栄につながっている」とし、「中央アジアが非核化した先例は朝鮮半島の完全な非核化と平和定着を実現しようとする韓国政府に教訓とインスピレーションを与えている」と語った。

 韓国大統領がウズベキスタン議会で演説したのは初めて。

 また、昨年12月に韓国と北朝鮮間の鉄道・道路を連結し、近代化する事業の着工式が国際社会の支持のもと開かれたことに触れ、「われわれ(韓国とウズベキスタン)は必ず大陸を通じて会えるようになる」と力を込めた。

 米朝首脳会談が物別れに終わり、非核化交渉が行き詰まる中、朝鮮半島の非核化や南北の鉄道連結などを通じた南北関係改善と朝鮮半島の経済復興に向け、強い意思を示したものとみられる。

最終更新:4/19(金) 21:15
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事