ここから本文です

「翔んで埼玉」監督 公開初日にクレーム専用窓口作って待機と明かす

4/19(金) 20:26配信

デイリースポーツ

 映画「翔んで埼玉」の舞台あいさつ付き応援上映が19日、都内で行われ、原作者の魔夜峰央氏と武内英樹監督が登壇した。

【写真】二階堂ふみが!GACKTが!「翔んで埼玉」“ぶっ翔んだ”ビジュアル

 ひたすら埼玉県をディスるブラックなジョークが受け、観客動員260万人、興収33億円を超える大ヒット中。33回目の鑑賞となる猛者もいる熱気むんむんの会場で、武内監督は「苦情がなかったのが不思議。公開初日に窓口を作って待ってたんですけど、こなくて」と“クレーム専用”の連絡先を用意していたが、無風だったことを明かした。

 魔夜氏は「埼玉だから許してくださった。『翔んで京都』…」と古都の名を例に挙げ、武内監督も「(京都だったら)殺されますね」とうなずいていた。

最終更新:4/19(金) 20:47
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事