ここから本文です

アメリカでのマスターズ視聴率は? もちろんピークはウッズ優勝時

4/19(金) 11:40配信

my caddie

 タイガー・ウッズ(米)が完全復活を果たした第83回マスターズは、アメリカ内ではCBSスポーツによって放送され、最終日は約1,250万人が視聴した。米ゴルフドットコムが報じている。

【写真】チーム・ウッズ

 日曜日の視聴率は「7.7」レーティング。日本のようにパーセント表示ではないが基本的に「4.0」を超えると高視聴率とされる。アメリカの人口が約3億人なので視聴率は日本でいうと約4パーセントとなった。

 最終ラウンドが行われた日曜日は午後から天気が荒れる予報だったため、ティーオフ時間を大幅に早め、異例の3サム、ツーウェイスタートとなった。例年より朝早く放送されたにもかかわらずウッズのプレー見たさに高視聴率を獲得。CBSスポーツによると、ここ34年で日曜日の朝に放送した番組では一番の視聴率を獲得したようだ。

 ピークはウッズが最終18番を回っている時で、「12」レーティングだった。

 ちなみにパトリック・リード(米)が優勝した去年のマスターズ最終日の視聴率は「8.7」レーティング。日曜日のゴールデンタイムに放送されたため今年より視聴率が高い。

最終更新:4/19(金) 11:40
my caddie

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事