ここから本文です

「東京と世界」がテーマ! ほぼ日「生活のたのしみ展」第4回は丸の内3エリアで開催中

4/19(金) 3:00配信

タブルームニュース

2019年4月17日(水)から21日(日)までの5日間、東京・丸の内の「丸の内仲通り」をはじめとしたエリアにて、「第4回 生活のたのしみ展」が開催されています。
コピーライターの糸井重里氏が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」による「お買いものフェス」のようなイベント。開催の度にお店が同じ顔ぶれにならないことを目指していて、今回出店する60店舗もそのうち32店舗は初出店です。
第4回は「東京と世界」がテーマ。世界のわくわくするものを東京に、そして日本中の魅力を世界の人びとにと、幅広いジャンルのお店が集結。過去開催時よりも会場が広く、「丸ビル」「丸の内仲通り」「TOKIAガレリア」の3エリアに分かれているのが今回の特徴です。
「丸ビル」1階のマルキューブには、世界中から集めたものを扱うショップやカフェがぎゅっと集まり賑やかな場に。3階の回廊にも、アートや数多くの国々からセレクトされた雑貨が並び、世界のさまざまな文化やデザインが織りなす独特の雰囲気を楽しめます。
「丸の内仲通り」は、初コラボとなる「斉吉✕BumbooCut」や毎回大人気の「chioben」のお弁当が買える「よりみちストリート」に。キッチンカーをはじめ、アメリカンスクールバスやパラソルワゴンのフードのお店が並び、世界の料理を堪能できるだけでなくインスタ映えも狙えます。
そして、東京駅から東京国際フォーラムに向かう「TOKIAガレリア」には、「東京」をテーマにしたお店が約60メートルにわたって並びます。江戸時代から受け継がれる貴重な品から現代の東京らしい洗練されたアイテムまで、さらに日本各地のいいものばかりが手に入ります。
今回は会場が広いので到着したらまずマップを。コンプリートすると何か嬉しいものが当たるかもしれない、スマートフォンを使った「おたのしみスタンプラリー」も企画されているので、会場をくまなく巡ってみてください。
Writing:大川晶子
Edit:塩見直輔

最終更新:4/19(金) 3:00
タブルームニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事