ここから本文です

今日19日(金)の天気 前線通過で雷雨や突風に注意、北日本は体感激変

4/19(金) 5:29配信

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

 ・北日本日本海側は強雨や雷雨に注意
 ・雨のあとは一気に気温低下
 ・関東から西の太平洋側もにわか雨の可能性

 今日19日(金)は日本列島を前線が通過します。北日本や日本海側は一時的な強い雨や落雷、突風に注意が必要です。
 東京など関東から西の各地もにわか雨の心配があります。

 北日本は前線通過後に気温が下がって、暖かかった昨日までと比べると、15℃以上気温が低くなるところもあります。

北日本日本海側は強雨や雷雨に注意

 前線の通過に伴い、今朝は北日本の日本海側や北陸で本降りの雨となっています。雷や突風、あられにも注意が必要です。
 近畿北部や山陰でもにわか雨に注意してください。

 雨雲は足早に東に進み、午後にかけて北海道の道東に移動します。日本海側の雨は徐々に収まる予想です。

雨のあとは一気に気温低下

 前線の通過後は冷たい空気が流れ込んできます。ここ数日は季節外れの暖かさとなった北海道は、一気に気温が下がりそうです。

 昨日は22.9℃と6月下旬並みの高温だった札幌も、今日は12℃までしか上がらず、わずか1日でこの時期らしい気温に逆戻りとなります。

 旭川など、昨日との気温差が15℃前後になるところもあるため、体調管理にご注意ください。

関東から西の太平洋側もにわか雨の可能性

 前線に向かって湿った空気が流れ込むため、関東から西の太平洋側も大気の状態が不安定です。

 日差しが届いて気温が上がっても油断が出来ません。急に雨の降り出す心配がありますので、念のため折りたたみの傘を持ってお出かけください。

ウェザーニュース

最終更新:4/19(金) 5:30
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事