ここから本文です

新型イヴォークは走りと質感もレンジローバーらしくなった。オススメはディーゼル、日本では車幅に注意

4/19(金) 7:01配信

carview!

99%を刷新してレンジローバーらしい質感を手に入れた

“よりレンジローバーらしさが増した”というのが、新型「イヴォーク」を見て触れて乗ってみての結論。それはつまり、同社の上級モデルが持つ「レンジローバー」ならではの豊かで贅沢な乗り味走り味や、そこから生まれる独自の世界観を新型イヴォークも手に入れたということだ。

>>イヴォーク フォト集<<

レンジローバーのラインアップでもっともコンパクトなモデルであるイヴォークは、2010年に3ドアの衝撃的なクーペボディでお披露目され、2011年に通常の5ドアも伴って発売された。どちらかといえばデザインコンシャスな1台であり、エレガンスの中にも硬派なクロカン4WDテイストが漂うレンジローバー・ファミリーの中では、もっともSUV的な存在でもあった。

それが新型では変化した。 もちろんデザインコンシャスな部分はこの新型でも受け継がれる。先に登場した「ヴェラール」が採用する新世代デザインのテイストを、これまでのイヴォークのデザインと融合したことで、造形自体に深みや奥行きが出てきた。これまではどちらかといえば2D的だったデザインが、基本骨格がより逞しくなったことで3Dになったという感じだ。

新型イヴォークは99%が新設計されており、先代と共用しているのはドアのヒンジのみだという。基本骨格に関しても、新たにプレミアム・トランスバース・アーキテクチャ(通称PTA)を採用。ボディ剛性向上や軽量化に寄与すると共に、最近の自動車としてはもっとも重要ともいえる電動化に対応したのが特徴だ。

今回採用したMHEV(マイルドハイブリッド)はもちろん、今後はPHEV(プラグインハイブリッド)も追加予定で、リチウムイオンバッテリーやその他のユニットを収納するスペースがあらかじめ確保された構造となっている。このため床下にバッテリーを抱えつつも、キャビンやトランクが狭くなるなどの影響が出にくい。先代モデルと比べると3サイズは同じでありながら、ホイールベースは21mm長くなり、ニールームも20mm広がっている。

1/4ページ

最終更新:4/19(金) 7:01
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事