ここから本文です

第5回マカオ行政長官選挙、立法会主席の賀一誠氏が出馬意向表明

4/19(金) 11:44配信

マカオ新聞

 今年(2019年)はマカオ特別行政区成立(マカオ返還)20周年にあたり、8月に第5回マカオ特別行政区行政長官選挙が実施される予定。

 行政長官はマカオ特別行政区の首長にあたり、任期は5年、連続2期まで。現任の崔世安(フェルナンド・チュイ)行政長官(62)は2期目にあたり、今年12月19日をもって任期満了となる。

 4月18日午後、賀一誠(ホー・ヤッシン)マカオ立法会主席(61)が立法会ビル内で記者会見を開き、第5回行政長官選へ立候補する意向を表明した。賀氏はかねてから出馬がとりだたされていた人物のひとりで、正式表明したのは今回が初めてのこと。

 賀氏は記者会見において、これまでのマカオ立法会、中国全人代マカオ地区代表、中国本土での30年に及ぶビジネス経験を活かし、マカオの民生問題の解決、マカオの産業構造の適度な多角化、広東・香港・マカオグレーターベイエリア(粤港澳大湾区=中国が国家プロジェクトとして推進する中国広東省と香港、マカオの一体的経済圏構想)への参加によるマカオ発展に取り組みたいと抱負を語った。

 なお、賀氏によれば、全人代マカオ地区代表の立場のままではマカオ行政長官選挙委員会委員となり、規定により行政長官選挙に立候補できないことから、すでに全人代へ辞任申請を提出したとのこと。

最終更新:4/19(金) 11:44
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事