ここから本文です

アヤックスは主力退団に備え代役を獲得 その選手も将来はバルサ希望?

4/19(金) 7:55配信

SPORT.es

アヤックスは2週間前に、来シーズンからFCバルセロナでプレーするフレンキー・デ・ヨングの代役を獲得したことを発表している。

大金星の立役者19歳デ・リフト「やってやった」

そして今回、彼のチームメイトであり友人の後を追うことが予想されている、マタイス・デ・リフトの代役の獲得も発表された。

アムステルダムのクラブは昨日、ヘーレンフェーンに所属する18歳のCB、キク・ピーリーを5年契約で獲得したことを発表した。

キク獲得の選択は、1月にヨハン・クライフ・アレーナ(アヤックスの本拠地)で行われたヘーレンフェーンとのエールディビジの一戦において、4-4の引き分けで終わった試合で見せた彼の2ゴールの活躍によって決断が下されたようだ。

この獲得は、デ・リフト退団の扉を開けるための動きだと考えられる。同センターバックの将来は、アムステルダムの外であり、公式的な発表はアヤックスのCLでのプレーに集中するという発言だけであった。

テン・ハーグが率いるアヤックスは全ての予想を覆し、レアル・マドリーとユヴェントスを2ラウンド連続で破り、デ・リフトが来シーズンは、どのチームてプレーするかを明かすタイミングを遅らせている。

デ・リフトの将来は7,500万ユーロ(約94億円)+1,100万ユーロ(約14億円)のボーナス付きの契約をデ・ヨングと結んだFCバルセロナが本命とされている。

■キク・ピーリーの目標もバルサ?
アヤックスが行なったこの最新のオペレーションで最も興味深いことは、キクの目標がバルサでプレーすることという点である。

11歳の時に、自身と周囲に関しての質問を受けた際に、ピーリーは「今年がヘーレンフェーンでプレーする5年目だ。まずヘーレンフェーンのトップチームに昇格して、その後さらに良くなっていきたい。最終的にバルセロナに入るために、アヤックスへ行きたい」と答えている。

18歳の若手CBは、アヤックス移籍決定後のインタビュー内でこのように答えている。
既にヘーレンフェーンで60試合に出場しており、今年の夏には次のステップへと移る。“その後は?“と質問を受けた際には、ピーリーは大きく笑いながら「可能な選択肢は一つだけだね」と答えた。

SPORT.es

最終更新:4/19(金) 7:55
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ