ここから本文です

米・小型風力発電メーカーXZERES社の日本法人が破産

4/19(金) 16:28配信

帝国データバンク

 (株)エグザラスウィンドジャパン(TDB企業コード:532010065、資本金500万円、東京都港区芝大門1-1-32、代表フランク・ピー・グレコ氏ほか1名)は、4月17日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は佐々木英人弁護士(東京都中央区八重洲2-8-7、阿部・井窪・片山法律事務所、電話03-3273-2600)。

 当社は2013年(平成25年)7月に設立。米・小型風力発電機メーカーXZERES(エグザラス)社の日本法人として親会社製品の日本国内における輸入販売事業を展開し、2016年2月の年収入高は9100万円を計上していた。

 しかし、売り上げが伸び悩んでいたことから、2017年8月に大手商社系列企業が親会社の米XZERES社との間で国内総代理店契約を締結し、以後、当社は保守・メンテナンス事業を主力に行っていた。2018年2月には別会社と3社共同で本格的なO&M(運用・保守)サービスの提供を手がけていたものの、事業縮小による売り上げ減少に歯止めが掛からず2018年2月期の年収入高は約150万円までダウン。今年に入り先行きのメドが立たなくなったことから3月末に事業を停止し、4月16日付で東京地裁に自己破産を申請していた。

 負債は債権者約19名に対し約1億5800万円。

最終更新:4/19(金) 16:31
帝国データバンク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい