ここから本文です

【バレー】パナソニック、香港に快勝 福澤達哉「清水(邦広)と1年ぶり以上に一緒にスタメンで嬉しい」2019アジアクラブ選手権男子大会

4/19(金) 18:50配信

バレーボールマガジン

2019アジアクラブ選手権男子大会は4月19日、台湾の台北市で大会2日目を迎え、日本代表のパナソニックパンサーズはストレートで香港代表ドラゴンチームを破った。

スターティングメンバーは、清水邦広、深津英臣、山添信也、山内晶大、福澤達哉、陳建禎、リベロ永野健。清水や深津、陳らのサーブで崩したりエースをとって連続得点し、大差で1セット目、2セット目を連取した。第3セットは第2セットから入ったリベロ伊賀、渡辺奏吾、セッター新貴裕という布陣で、やや競った展開となり、初めて香港にリードを許すも、すぐに取り返してゲームセット。初戦はパナソニックの余裕が見られる試合運びとなった。

*プロトコルで陳選手の名前がコールされると、場内の観客から大歓声があがった(陳選手は台湾代表)。試合中も陳選手が決めるたびに大きな歓声があがり、人気のほどがうかがえた。

会見 川村監督・清水・福澤・陳

●川村慎二監督
初戦ということで、しっかり勝ててよかったです。まだ試合は続くので、徐々にチーム自体も上昇していって勝てるようにしていきたい。

――川村監督に。リーグとはまただいぶ変わったスタメンできましたね。

川村:連戦ですので、色々なメンバーを使って戦いました。

――清水さんと福澤さんに。久しぶりにスターティングメンバーでしたが、手応えは。

福澤達哉:久しぶりのスタートでしたが、特に何がどうというわけではなく、いつもどおり。個人としては、清水と一緒のスタートなのが1年以上ぶりになるので、それはとても嬉しかったですし、そういう機会を与えてくれたチームに感謝しています。嬉しいですね。

清水邦広:福澤と同じ感じなんですけど、これから徐々にコンディションを上げていって、チームとしてアジアクラブ選手権で優勝することが(リーグ優勝した)次の目標としてありますので、パンサーズとしてチーム力で戦っていけたらと思います。

――陳さんに。今日の試合について。

陳建禎:僕も久しぶりのスタートで、とても嬉しいです。清水さんと一緒にプレーできたことも、ほんとに嬉しいですね。台湾に帰ってきての試合なんですけど、試合前はちょっと緊張しました。試合に入ってからは大丈夫でした。優勝のために、絶対一生懸命がんばります。
*陳選手は日本語で答えてくれました。台湾のメディアがひっきりなしに陳選手に質問をしていました。

最終更新:4/19(金) 18:50
バレーボールマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事