ここから本文です

【訃報】漫画原作者の小池一夫さん死去 主宰塾から高橋留美子、堀江雄二、板垣恵介ら輩出

4/19(金) 11:53配信

BuzzFeed Japan

「子連れ狼」「クライング・フリーマン」など数々の漫画原作を手がけた小池一夫さんが4月17日、肺炎のために亡くなった。82歳。4月19日、小池さんのTwitter公式アカウントで発表された。

発表によれば、小池さんはかねてから入院療養中だったという。葬儀は故人の遺志により、親族のみで執り行われた。

小池さんは1968年、さいとうプロダクションに原作者として参加。「ゴルゴ13」などの原作に関わったのち、1970年に独立。「子連れ狼」「修羅雪姫」などセクシーかつバイオレンスな時代劇作品を手がけ人気に。また上記の作品は映画化され、クエンティン・タランティーノ、ジョン・ウーなどにも影響を与えた。

1977年からは後進育成のため「劇画村塾」を開講。高橋留美子、原哲也、堀井雄二、山本直樹、板垣恵介、山口貴由など数々の漫画家、クリエイターを輩出している。

小池さんはSNSでの情報発信も積極的に行い、Twitterのフォロワーは89万人を数える。

最後のツイートは4月17日。「モンキーパンチさんとは40年前、漫画アクションの初期に『ルパン三世』と『子連れ狼』で人気争いをしたライバルでもあった。一緒に組んで『書記官鳥(セクレタリーバード)』という漫画も作ったなあ。淋しくなるなあ。」と4月11日に亡くなった漫画家のモンキー・パンチさんを偲ぶものだった。

最終更新:4/19(金) 12:52
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事