ここから本文です

【特集】参院選の行方占う...衆院大阪12区補選 4月21日投開票

4/19(金) 20:00配信

MBSニュース

「無所属野党共闘の候補者として立候補の手続きを済ませた宮本岳志です」(宮本岳志さん)

無所属(共産・自由・社民府連推薦)の元衆議院議員・宮本岳志さん(59)。宮本さんと言えば、共産党の衆議院議員として国会で森友学園の問題を厳しく追及していました。ところが…

「自ら退路を断って市民と野党の共闘の実現に挑むべきではないのか」(宮本岳志さん/今年3月)

「野党共闘」で選挙戦に挑むとして、急きょ議員辞職して無所属で出馬したのです。

「新しい政治をつくるには共産党だけでは逆立ちしても政権つくれませんし、野党連合政権をいよいよみんなで本気で考えなければならないときだと思う」(宮本岳志さん)

事務所には自由党や立憲民主党の議員らが党を超えて応援に入ります。森友問題を追及していたメンバーも駆けつけました。

「われわれは全部証拠をつきつけている、本当はとっくに(安倍首相が)やめていなければならないのが森友問題です」(自由党 森裕子参院議員)
「うそと隠ぺいと改ざん、そんな安倍政治から真っ正直な政治、国民に見ていただけるガラス張りの政治に切り替える!」(宮本岳志さん)

選挙戦も最終盤。

「し烈な選挙ですから、そう簡単ではないですよね」(宮本岳志さん)

若年層を取り込もうと、大学を回って奨学金拡充などを訴えました。夏の参院選を前に「野党共闘」の行方も注目です。


7月の参院選の行方を左右するともいわれる大阪12区の補欠選挙。投開票は今月21日です。

3/3ページ

最終更新:4/19(金) 20:03
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事