ここから本文です

マイケル・ジョーダンも「史上最高のカムバックだ」と大絶賛。タイガー・ウッズ、マジックナンバー“19”への挑戦

4/19(金) 11:34配信

みんなのゴルフダイジェスト

タイガー復活の余波はとどまるところを知らない。マイケル・ジョーダンやラファエル・ナダル、セリーナ・ウィリアムスらスポーツ界のスーパースターが親友の復活に驚き感動し「史上最高のカムバック」と口を揃えるなか、タイガーの次なるミッションはジャック・ニクラスが持つメジャー最多優勝記録越えになりそうだ。

マスターズ5勝目!タイガー・ウッズのアイアン連続写真

「へぇ、ジャックって凄いんだね」20歳のタイガーは言った

スタンフォード大学を中退しプロの道を選んだタイガーの憧れの人はジョーダンだった。やがて2人はプライベートでゴルフを楽しみお互いを「親友」と呼ぶようになった。

タイガーのマスターズ優勝についてスポーツ専門サイト『The Athletic』の電話インタビューに応えたジョーダンは「ずっと彼のコアなファンだ。でも肉体面を考えるとカムバックはないと思っていた」と率直な思いを吐露している。

「誰も復活するとは思っていなかったんじゃないかな。できると信じていたのは本人だけかもしれない。まさに史上最高のカムバックだ」

「自分を信じてどうしたら復活できるかを冷静に考えすべてを立て直してきた。努力のプロセスは想像を絶する。ライバルたちはこれからが大変だ。なにせタイガーがマスターズに勝ったんだからね!」

現在開催中のモンテカルロマスターズでベスト8に進出したナダルは「世界でもっとも好きなアスリートはタイガー。タフな時期を乗り越えて成し遂げたカムバックはとても感動的だった」。

セリーナ・ウィリアムスは劇的な勝利に「涙が止まらなかった」といい、ウェブ・ドットコムツアーに出場した経験を持つプロバスケットボール選手のステファン・カリーは「5着のグリーンジャケットのどれか1つでいいから着させて」とツイッターに投稿した。

20歳でプロデビューしたタイガーは「アマチュアになにができる」と先輩プロたちに揶揄されながら翌97年にマスターズで圧勝。ジャック・ニクラスに匹敵する逸材と呼ばれた。

当時のコーチ、ブッチ・ハーモンによるとニクラスを意識するタイガーがネットで戦績をチェック。「へぇ、ジャックってすごいんだねぇ」と嘆息したのだとか。タイガーを驚かせたのはメジャー18勝だけでなく(メジャーの)2位が勝利数と同じだけあったこと。

「この数字に追いつくにはいったいどれだけ時間がかかるんだ?」(タイガー)

あれから20年以上時が流れタイガーはいまニクラスが持つ史上最多メジャー優勝記録にあと『3』と迫っている。

マスターズの表彰式でタイガーにグリーンジャケットを着せた昨年の覇者パトリック・リードは「18勝? いやタイガーは19勝を目指さなきゃ嘘でしょ!」とライバルでありながら記録更新を切望した。

11年間止まっていたメジャー時計が動き始めたいま、本人も周囲も『19』というマジックナンバーを見据えている。

川野美佳

最終更新:4/19(金) 12:03
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事