ここから本文です

切り詰めても毎月6万の赤字、「3つの行動」で家計改善

4/19(金) 11:51配信

MONEY PLUS

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

【図表】1ヵ月の食材費と外食費の平均ってどれぐらい?

今回の相談者は、小さな子供を抱える37歳の主婦。生活費を切り詰めて生活しているのに家計は毎月赤字。妻の収入はすべて貯金に回したいのに、出産後は思うように貯められないといいます。FPの伊藤亮太氏がお答えします。

【相談者の悩み】

3人家族で子供がまだ小さいのに出費が多くて悩んでいます。保険は最低限にし、格安スマホを使用、家賃も地域の相場に比べるとかなり安いはずですが、夫ひとりの収入では足りず、妻の在宅ワークで補填しても毎月6万円ほどの赤字です。今ある貯金はフルタイムで働いていた頃のもので、出産後はほとんど貯蓄できておらず、子供の教育費、老後が不安です。本当は夫の手取りの範囲で生活し、妻の収入はすべて貯金に回したいのですが、どうしたらいいでしょうか。

〈相談者プロフィール〉
・女性、37歳、既婚(夫:37歳、会社員)、子供1人(2歳)
・職業:在宅ワーク(年収100万前後)
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:31万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:30万円
・毎月の世帯の支出目安:約37万円

【支出の内訳】
・住居費:10万円
・食費:5万円
・水道光熱費:2.5万円
・教育費:2万円(保育園)
・保険料:2万円
・通信費:0.7万円
・車両費:4万円
・お小遣い:5.5万円(夫4.5万円、妻1万円)
・レジャー費:1万円
・不妊治療費:2万円
・その他:2万円(日用品、ペット用品代)

・毎月の貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:950万円
(うち700万は親からの贈与)
※600万円を住宅購入資金に充てる予定
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

【FPの回答】

伊藤: 相談内容に回答いたします。ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太です。よろしくお願いいたします。

さて、ご年齢やお子さんの年齢を見ると、私とほぼ同じ家族環境ですね。相談者の方の場合、特に大きな費用がかかっているわけではないものの、毎月の支出が赤字であり貯金を取り崩す内容になっています。

まずは赤字体質を改善させる必要があります。そのためには、(1)余分なコストを削減すること 、(2)代替できるものを検討すること(住宅購入など) 、(3)働き方を変えること 。この3点から赤字体質を改善していきましょう。

1/3ページ

最終更新:4/19(金) 11:51
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事