ここから本文です

SUVブームいつまで続く? 多様化したニーズ 世界が求める次なるトレンドとは

4/19(金) 10:30配信

くるまのニュース

いつまで続く? SUVブーム

 近年の自動車業界では、世界的なSUVブームが続いています。日本、欧州、米国、中国など自動車市場の主要地域で開催されるモーターショーなどでは、新型車やフルモデルチェンジの発表が相次いでいるのです。

世界的ブーム? クーペスタイルなSUVの画像を見る(25枚)

 しかし、単純なSUVモデルというだけでなく、各社はスタイルやパワートレインなどで差別化を図っていますが、「SUV人気」は今後どうなるのでしょうか。

 2019年4月、世界最大のモーターショーといわれる「上海モーターショー」や北米市場に向けたアピールの場となる「ニューヨークオートショー」が開催されました。

 上海では、トヨタが人気コンパクトSUV「C-HR」の電気自動車(EV)を世界初公開。そのほかにも三菱、フォルクスワーゲン、アウディといったメーカーが電動SUVをお披露目するなど、「電動×SUV」がトレンドとなったショーです。

 中国での新車販売は低調が続いていますが、EVの市場は盛り上がりをみせています。そこで、世界的に人気のSUVモデルを電動化することで、さらなる活路を模索しています。

 一方、ニューヨークでは、従来モデルのフルモデルチェンジや改良が多く見られました。トヨタ自動車は、北米向けSUVの「ハイランダー」を6年ぶり、スバルも「アウトバック」を5年ぶりにフルモデルチェンジしています。

 また、マツダは主力SUVモデルの「CX-5」に、同社が得意とするディーゼルエンジンを追加。米国市場に初めて投入するとしています。

 ディーゼルモデルの投入について、マツダ関係者は次のように話しています。

「いまから8年ほど前から、米国市場でのディーゼルモデル販売を計画していました。しかし、ディーゼルエンジンに対してネガティブ問題もあった影響によって、ディーゼルモデルの人気が下落し、そして米国での規制強化などによって、時間がかかっていました」

※ ※ ※

 また、ニューヨークの会場では、メルセデス・ベンツ「GLC」やリンカーン「コルセア」、ヒュンダイ「ヴェニュー」などがお披露目されていました。

 今回のモーターショーは、電気自動車(EV)の上海とSUV・ピックアップトラックのニューヨークというそれぞれの特色が表れています。

1/2ページ

最終更新:4/19(金) 13:39
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事