ここから本文です

特殊詐欺防止のコンビニに感謝状 岡山南署がセブン洲崎3丁目店へ贈る

4/19(金) 20:44配信

山陽新聞デジタル

 岡山南防犯連合会と岡山南署は18日、特殊詐欺被害を未然に防いだとして、コンビニエンスストア「セブン―イレブン岡山洲崎3丁目店」と店員の原田佳代さん(51)に感謝状を贈った。

 同署によると、3月26日昼、岡山市の50代男性が2千円分の電子マネーを購入しようと来店。レジにいた原田さんが売り場に案内すると、男性が携帯電話の操作を始めたため、声を掛けた。原田さんはメールに記載された「2億円が当選しました」といった文字を不審に思い、警察への相談を促した。男性はこの日のうちに同署を訪れ、詐欺が発覚した。

 同署で贈呈式があり、同連合会の渡辺邦弘会長が感謝状を手渡した。原田さんは「水際対策の一環として、年配者が電子マネーを購入しようとした時は今後も積極的に声を掛けたい」と話した。

最終更新:4/20(土) 10:48
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事