ここから本文です

このまま日本へ? 日産 新型「シルフィ」の後席快適性がハンパない!

4/19(金) 11:32配信

くるまのニュース

スポーティに進化した新型「シルフィ」

 いまや北米の1.5倍以上、日本の6倍にもなる台数を1年間に販売する、世界一の自動車大国となった中国。そんな中国の上海で開催されている「上海モーターショー2019」で、日産は新型シルフィを発表しました。

めちゃくちゃ格好いい! 新型「シルフィ」の画像を見る(17枚)

 シルフィといえば、ブルーバードをルーツとし、日本でも販売されている小型のセダン。そしてこのシルフィ、実は日産にとって中国市場を語るうえで欠かせないモデルです。

 その理由は販売台数。中国において毎年、なんと40万から50万台程度(この数は日本でもっと売れている乗用車であるホンダ・N-BOXの2倍以上!)を売り続ける大人気の車種なのです。

 中国における日産の販売のうち1/3以上を占めることになるのですから、新型はとても力の入った開発がおこなわれたのはいうまでもありません。

 実車を見て感じたのは、デザインをかなりスポーティな雰囲気に振っていることです。ひこことでいえば、北米や中国で販売している大型セダン「アルティマ」をひとまわり小さくしたような印象で、ボンネット先端の低さは驚くほど。

 日産デザインの特徴といえる「Vモーショングリル」と呼ばれるフロントグリルは大きく、それでいて全く違和感がありません。北米においてスポーティな雰囲気が好まれる一方で、中国ではギラギラとした豪華な感覚が好まれるというのがこれまでのセダンのデザインの定説でした。

 しかし、中国市場を最重視したモデルがこれだけスポーティなデザインになったのは、中国の人々の嗜好が変化しつつあることの具現化かもしれません。ちなみに空気抵抗係数に関して「Cd値は0.26でこれはGT-Rと同等」と日産は説明します。

 パワートレインは、1.6リッターガソリンエンジンにCVTを組み合わせ。プラットフォームは、新設計のものが使われ、従来からのシルフィの特徴だった広い後席足元空間はさらに拡大されています。

 しかし、実際に後席に座ってみたところ、広さも感動的でしたがそれ以上にインパクトを感じたのは座り心地でした。リヤシートのクッションは今どきのセダンとは思えないほど厚く、座ると沈み込みの深さは驚かずにいられないレベル。

1/2ページ

最終更新:4/24(水) 12:24
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事