ここから本文です

Dropbox内でGoogleドキュメントなどを編集できるように

4/19(金) 12:42配信

ギズモード・ジャパン

長らく待った甲斐がありました。

DropboxがついにGoogleのG Suiteとの連携機能の開始を発表しました。今のところこの機能を使用できるのはDropbox Businessユーザーのみですが、Google スライド、Google スプレッドシート、Google ドキュメントをDropbox内で保存、作成、編集できるようになります。もちろんシェアしたりコメントをつけたりもできます。

【画像】Dropbox内でGoogleドキュメントなどを編集できるように

くわえて、Google スプレッドシート、スライド、ドキュメントのインターフェースを使ってMicrosoft Excel、PowerPoint、Wordも編集できるようになるとのこと。もちろん元の.xlsx/.pptx/.docxのフォーマットを維持して保存可能。そしてDropbox内でGoogleのファイルの検索も可能になるとのこと。盛りだくさん!

GoogleとDropboxは昨年の5月に連携を発表していたので、約1年待っての実現ということになりますね。Google Cloudの担当者は「G Suiteをどんなツールでも使えるようにしたかったので、この連携によってみなさんが毎日使うツールがうまくコラボレーションしてくれるといいです」と語っています。7月にはGmailでメールを作成する際にDropboxへ簡単にアクセスできるアドオンもローンチされています。

今のところDropbox Businessユーザーのみへの提供となっていますが、今後は無料版のユーザーへも対象が拡大されるような雰囲気ですので、Droobox・G Suiteユーザーは乞うご期待!

Source: Dropbox

Catie Keck - Gizmodo US [原文] ( 岩田リョウコ )

最終更新:4/19(金) 12:42
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事