ここから本文です

マスターズ初8強ペラ、ナダル戦は「もしかするとチャンス来る」<男子テニス>

4/19(金) 14:26配信

tennis365.net

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は18日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク35位のG・ペラ(アルゼンチン)が第11シードのM・チェッキナート(イタリア)を6-4, 4-6, 6-4のフルセットで破り、自身初の「ATPマスターズ1000」ベスト8進出を果たした。

【ナダルらモンテカルロ対戦表】

今年3月のブラジル・オープン(ブラジル/サンパウロ、レッドクレー、ATP250)でツアー初優勝を飾ったペラは、準々決勝で4年連続12度目の優勝を狙う第2シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでペラのコメントを掲載しており「ナダルはテニス界のレジェンドの1人だ。彼はとても特別な選手で、どの大会でも彼とプレーするのは特別な気持ちだ。ここのセンターコートは素晴らしい雰囲気に包まれている。もちろん、観客たちはナダルを応援するだろう」と述べた。

「チャンスを手にするために、完璧な試合をしなければいけない。今のような感じでプレーできることを願う。今はとても感覚がよくて、自信もある。もしかすると僕にもチャンスが来るだろう」

またペラは、ブラジル・オープンの優勝前、2月のコルドバ・オープン(アルゼンチン/コルドバ、レッドクレー、ATP250)を含め4度ツアー決勝の舞台で敗れていた。

「宿命なのだろう。プレーは悪くなかったのに、決勝4回全てで負けた。コルドバ・オープンは最悪だった。なぜなら、僕のプレーはとてもよかったから。セットを先取し、ブレークもしたけど、そこから逆転された。それがテニスだ。起こるときは起こる。サンパウロでは大会を通して本当によいプレーができた。自分の新しいキャリアが誕生したと思え、その瞬間を心から楽しめた」と語った。

「昨年は、いいプレーをしていたけど思うような結果が出なかった。でも1年半前くらいから、いいプレーはしていたんだと思う。今年はサンパウロ、コルドバで準優勝と最高の戦績だし、ここモンテカルロでもベスト8まで来れて本当にうれしいよ。今のようにプレーするのは簡単ではない」

ペラは来週月曜日発表の世界ランキングで30位以上になることが確定している。

「もっと上にいきたい。どこまでいけるかわからないけど、試合に勝ち続けるよ。今は勝てているからツアーを全力で楽しめている。でも次はとてもタフな試合が待っているから、今は集中したい。ベストを尽くせるようにする」

同日の3回戦では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第9シードのB・チョリッチ(クロアチア)、第10シードのD・メドヴェデフ(ロシア)、第13シードのF・フォニーニ(イタリア)、世界ランク48位のD・ラヨビッチ(セルビア)、同96位のL・ソネゴ(イタリア)がベスト8に進出した。

最終更新:4/19(金) 14:26
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事