ここから本文です

シュテーゲンが好調メッシを語る「いつも彼には驚く」

4/19(金) 12:47配信

SPORT.es

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンはスポーツジャーナリスト達によって書かれた本『Relatos Solidarios』の第15版の後援者である。
彼は今週18日(木)、バルセロナの『Banc Sabadell』のオフィスで行われたイベントに出席した。

リヴァプール指揮官クロップとバルサの“愛憎関係“

その本の収益は全て『Fundacio Pare Manel』に寄付される。同財団はスポーツを通してNou Barris地区の家族の生活を改善する事を主な目的としている。
同イベントでテア・シュテーゲンはバルサの現状について語った際、レオ・メッシの好調ぶりについて質問を受けた。

「いつでも彼と対戦するよりも彼と一緒にプレーする方が良いのは確かだ。だから僕はここで快適に過ごせているとも言える」
このように答えた後、テア・シュテーゲンはジョークを飛ばした。
「もし僕がここでプレーしていなければ、チャンピオンズリーグに出場しないチームを探す必要があるだろう」

それを聞いたジャーナリストのセルジ・マスがエスパニョールでプレーする可能性を勧めてきた際、テア・シュテーゲンはキッパリと「きっとないだろう」と答え、会場の笑いを誘った。

再びメッシについて質問が及んだ際、シュテーゲンがアルゼンチン人ストライカーへの称賛を惜しむ事はなかった。
「僕は既にここで数年を過ごしているが、ピッチに入る度に彼のやる事に驚かされているよ」

SPORT.es

最終更新:4/19(金) 12:47
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事