ここから本文です

iOS 13について関係筋リーク。iPadのマルチウィンドウがついに!

4/19(金) 20:12配信

ギズモード・ジャパン

iOS 12に比べて華やかかも。

例年どおりでいけば、6月のWWDCで発表される新しい「iOS 13」。こちらについて、9to5Macが関係筋から受け取った情報を紹介しています。正誤は不明ですが、ダークモードやマルチウィンドウの話など、けっこう詳細です。

【画像】iOS 13について関係筋リーク。iPadのマルチウィンドウがついに!

ダークモードがiOSにも

iOS 13ではダークモードがシステム全体に反映されます。macOSでは、昨年のmacOS Mojaveから実装されましたが、ついにiOSでも! ダークモードは「設定」から切り替えが可能で、macOSに似たようなものだそう。そして、macOSとiOSのユニバーサルアプリの開発環境(通称、Marzipan)にて開発されたiPad向けアプリでもダークモードが使えるとのことです。

マルチウィンドウに対応

iPad向けのiOS 13ではアプリのマルチウィンドウに対応します。今のiPadでは、画面を2分割できるSplit Viewがありますが、さらに複数のアプリを1画面に表示できるようになるかも。

アプリは、画面の一辺にひっついて移動するようですが(ピクチャ・イン・ピクチャ的な?)、カードとしてドラッグ操作で移動できるそう。またカードは重ねたり、消し去ることもできます。まだ具体的な動きがわかりませんが、iOS 13の目玉になりそうですね。

うるさい音量アイコンが小さくなる?

その他の機能としては、

・iPadでのテキスト入力のアンドゥ(やり直し)操作の追加

・Safariブラウザでのデスクトップモード表示の選択の改善

・設定アプリからのフォントの管理

・メールやプロダクティビティの改善(Pages、Numbers、Keynoteとサードパーティアプリとの連携など)

・リマインダーアプリの改善

・ボリューム操作UIの改善

・複数アイテム選択機能の改善

・スプリット・ビューでのステータスバーの表示変更

・「Hey Siri」の認識精度の向上

・キーボードの多言語対応やアプリからの印刷機能の改善

が盛り込まれているとのこと。よくぞ、ここまで詳細な情報が入手できたものです。

Appleは6月3日から「WWDC 2019」を開催します。例年通りなら、このキーノートでiOS 13の詳細が明かされることでしょう。今回のリークでは伝えられていませんが、iOS 13ではiPad Pro向けの大幅なアップデートが噂されています。iPad Pro持ちの僕としては、それが楽しみで仕方ないです!

Source: 9to5Mac

塚本直樹

最終更新:4/19(金) 20:12
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事